新居浜建設業協同組合は、地元の建設業界の安定的な発展と所属企業の経営基盤の強化を目指し、地域への貢献に努めてまいります。

新居浜建設協同組合 TOP → 事業案内の周知、報告 TOP → 2021年11月

建設業の魅力とは

10月28日川東中学校、11月11日新居浜工業高校、いずれも1年生が市営住宅東田団地の建設現場見学に訪れました。
建替える前は4階建てだった建物が本工事では6階、次の棟は8階建てと高層化しているのが最近のトレンド。
「きれい~」「住みたい」などの正直な声が漏れる中、最後に施工業者の若手技術者が大勢の職人さんと協力して完成させる建築工事の魅力を伝えてくれました。

工業生には現場見学に加え、土木部門の座学として「岩城橋建設工事」「ICT施工」といった最先端の技術を紹介。進化する最新技術を駆使して「街を創り、ヒトをつなぐ」土木工事のやりがいについて講話して頂きました。
最後に本組合から、地域の建設会社が行う災害対応についても事例紹介させて頂き、地元建設企業が地域の守り手であることを知って頂きました。
まずは建設業に興味を持ってもらえれば幸いです。

携帯トイレの寄贈

11月10日、女性部会が新居浜市へ携帯トイレ50箱の寄贈を行いました。
地震や台風といった自然災害による被災時だけでなく、和歌山県であった送水管の破裂による断水が生じた際などにも活用できるとのこと。
もしもの時の備えとして役立てて下さい!