新居浜建設業協同組合は、地元の建設業界の安定的な発展と所属企業の経営基盤の強化を目指し、地域への貢献に努めてまいります。

新居浜建設協同組合 TOP → 事業案内の周知、報告 TOP → 2017年07月

平成29年度「地域まもるケン」と学ぼうよ!を開催しました

7月1日(土)「地域まもるケン」と学ぼうよ!を開催しました。

今年も大変暑い中、新居浜市内の小学生高学年の児童30名が参加してくれ、

平成16年災害の勉強会・工事現場・生コンプラント視察・土嚢つくり

建設業体験レクリエーション等、熱心に学んでくれました。

 

DSC01356  平成16年災害勉強会

DSC01365  工事現場視察(㈱河端組 施工現場)

DSC01380 生コンプラント視察(㈲新居浜ブロック工業所 様)

DSC01396 DSC01394 土嚢つくり ・建設業体験レクリエーション

DSC01407 DSC01412 土嚢寄贈式

 

本年度も開催に際し、新居浜市教育委員会様・各小学校の先生方・関係各所の皆様に   大変お世話になりました。誠にありがとうございました。

 

 

東・南予地区高等学校教諭による産業視察

6月29日(木)、新居浜市雇用対策協議会の主催事業として東予・南予地区高校の進路担当教諭による産業視察が行われ、建設会館にも16名の教諭が来館、本会の建設企業採用担当者と意見交換を行いました。

DSC01333DSC01334DSC01336DSC01337

建設系の専門学科のない高校からは専門知識がなく入職することへの不安等の質疑がありましたが、入社後の研修期間中に必要な資格を取得し本人の希望や適正を見極めてから現場に送り出しているとの回答や、休日確保として現場での繁忙期は休めないが現場が完成した後にまとめて数週間から長ければ1か月程度の休日をまとめて取得しているといった実状を熱心にメモして頂いておりました。

担い手確保に苦慮している業界からは、本年度から受験資格が緩和された2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格することで、就職に際してのアドバンテージになるという情報提供もさせて頂いており、このような機会を通じて建設業に興味を持ってくれる生徒さんが増えるとありがたいです。